電動歯ブラシの選択

歯の手入れ方法は様々で、病気を防ぐためにも非常に大切な行為です。歯科でキレイにしてもらうことも可能ですが、電動歯ブラシを使用したケアでは効率よく手入れをすることが出来、磨き残しが少ないです。

部分入れ歯のとは

部分入れ歯は部分的な歯の抜けを補う入れ歯のことで、生えている歯にフックのようなものを取り付けることで固定します。部分入れ歯は基本的に保険が適用になるため、負担が少なく入れべを装着することが可能です。

歯を綺麗に整える

嘔吐反射は珍しい症状ではありません

歯の治療で歯科にかかった時に、治療器具などを口の中に入れられると気分が悪くなって吐きそうになってしまう。このような症状で困ったことはないでしょうか。それは、普通の人よりも口内や喉が敏感であることで嘔吐反射が起こっているのです。口の中に物を入れられれば多少の違和感や気分の悪さは誰しもが感じることですが、我慢ができないほどではありません。我慢ができずにむせてしまったり、実際に吐いてまったりして治療を中断しなければならないような状態になると、それは嘔吐反射が強いと言えます。子供のころから歯科が苦手だった人の多くは、歯科の治療中に口の中に治療器具を入れられて何か嫌な経験や怖い思いをしたことがあるのではないでしょうか。大人になってからもその辛かった思いが残り、嘔吐反射が強く出てしまうこともあります。大人になってから嘔吐反射が酷くなったという人は、精神的なストレスによって起こっていることもあります。ストレス社会と言われる現代だからこそ、嘔吐反射で満足に歯科治療が進まないことで悩む人も年々増えているのです。

設備の整った歯科なら治療ができます

嘔吐反射が強いからといって、歯科にかからないでいるわけにもいきません。歯の病気は自然に治ることはほとんどありません。嘔吐反射が起こると、自分が苦しい思いをしたり歯科の先生に迷惑がかかってしまうのではないかという思いから、歯科にかからなくなってしまう人もいます。ですが、そのようなことが心配で歯科にかかることができない人でも楽に治療を受ける手段があるのです。その方法というのは麻酔で気分をリラックスさせて歯の治療を行うのです。麻酔の種類も様々あります。嘔吐反射の強さによっても使い分けられます。嘔吐反射が比較的軽い人は笑気麻酔というものが使われます。少し嘔吐反射が強めの人は静脈鎮静法という麻酔での治療方法があります。静脈鎮静法でほとんどの人がリラックスした気分で治療を受けることができますが、希に効き目の弱い人もいます。そのような人でも全身麻酔という方法もあります。ただし、このような治療は歯科によっては受けられないことがあります。麻酔科医のいる歯科でしか行えない治療だからです。治療の予約をする前に、このような治療を行ってもらえるのかどうか確認することを忘れないように気を付けて下さい。

歯周病治療

歯周病治療の基本は歯石を除去することから始まります。細菌が原因で歯茎が炎症する病なため、細菌の元になる歯石を除去します。歯周病は骨をと溶かすこともあるため、なるべく早めの処置が大切です。

歯の再現方法

歯科インプラントとは歯の再現をおこなう治療の1つです。切開し、歯茎に埋めることで人口歯を固定します。そのため入れ歯とは違い、通常の歯と同様に噛む事が出来、変わらない状態での歯の再現が見込めます。