歯の再現方法

歯科インプラントの利用方法

歯の再生治療として注目を浴びているのが、歯科インプラントです。この治療では歯が無くなった場所の歯肉を切り開いて、インプラントというネジみたいなものを骨に直接埋め込みその上に義歯を被せる方法をとります。 この治療の利用の流れを大まかに説明していきます。 まず、インプラント治療をしている歯科医院を探します。そして、そこの歯科の先生にどのような口内状況なのか、全身疾患などがないのかをくまなく診てもらいます。その診断結果を基に治療プランを立ててもらいます。そして、そのプラン通りに、手術を一回ないしは二回に分けて行います。その後は、家でのメンテナンスの方法と年に3回くらいの通院をすることになります。 このような方法でこのインプラント治療を行います。

どんな人がこのインプラント治療を利用するのか

今現在では、歯科インプラント治療の研究がとても進み世界中で利用する人が増えています。しかし、増えたと言っても歯の治療を受ける方の数パーセントとまだまだ少数派といえます。では、どのような方がインプラント治療をするのでしょうか。 まず、このインプラント治療はとても高額なので一般の方で虫歯などで歯が欠損してしまった場合は、普通では入れ歯やブリッジを使うのが一般的なようです。では、どのような方がこの治療を望むのかというと、それは事故などで歯の大部分を失ってしまったりしてしまい、入れ歯などでは再現性への対応が難しかったりした場合に利用を希望する人が多いようです。入れ歯などと違いあごの骨へインプラントを埋め込むので、事故前の元の歯の状態をまた作れることが理由なようです。